フランチャイズの収支保証って?

フランチャイズを始めるときの問題点とは

フランチャイズ契約をして開業する方法で問題になりやすいのがロイヤリティーを払った分まで十分に利益を上げられるかということです。開業して本当に黒字になるのかが心配であるところに、さらにロイヤリティー分の利益も上げなければならないとなるとフランチャイズを利用して良いのかと疑問に思うのは当然と言えます。初期投資額だけでも膨大な金額になるケースは多いため、比較的ロイヤリティーが少なくて良いフランチャイズであっても懸念材料になるのです。その際に有用なシステムとして収支保証があります。開業を目指しているときにフランチャイズを利用するメリットになるシステムでもあるので大まかなシステムを知っておくのが大切です。

収支保証があるとどうなるか

収支保証のあるフランチャイズに加盟すると毎月の収支を好みのレベルに引き上げてもらえます。営業活動を本社に任せてしまうのが特徴であり、本社が依頼を受けた仕事を加盟店に割り振ることによって全体として事業を展開するという形が整えられているのが一般的です。毎月の収入額がどの程度になれば良いかを契約の時点で取り決めておき、それに応じた量の依頼を配分してもらえるようになっています。そのため、毎月必要なお金が必ず手に入る形ができて、融資を受けた際の返済についても滞らせずに進めていくことができるのがメリットです。また、自ら営業活動をする必要が一切なくなって仕事に費やせる時間が増えて働きやすくなるという特徴もあります。