どんな心構えが必要?フランチャイズ

フランチャイズで新規事業を始めるときのポイント

フランチャイズでお店を始める場合には、どこに加盟するかが重要になります。例えば、コンビニエンスストアであれば、人気のフランチャイズほど加盟金が高いため躊躇してしまう人も多いでしょう。そこで、あえてそれほど人気でないところを選び、初期費用を少なくする方法もあります。
この時に大事になるのは、お店を構える場所です。人気のフランチャイズ店でも当然そうですが、そこまで人気のないフランチャイズを選ぶ場合には、場所がよくなければそもそもお客さんが入ってきません。同じような場所に人気店があればお客さんを奪われてしまうでしょう。もし、良い場所があれば2番目から3番目に人気のフランチャイズを選ぶと良いです。特に良い場所がなければ、最初から少しお金を支払い1番人気のフランチャイズ店を選ぶと良いでしょう。

初期費用をどのように捻出するか

フランチャイズは、個人でお店を開くよりも初期費用が高い傾向にあります。人気の加盟店では2,000万円位はかかるでしょう。1番人気でない所でも1,000万円から1500万円位はかかると考えておいた方が良いでしょう。最初からそれだけのお金を持っていれば問題ありませんが、無借金経営でお店を持つことができる人はごく一部です。
開業資金が手元にない場合には、お金を借りる必要がありますが、金融機関等で借りるとしても、今まで取引をしていたか、あるいは担保がなければ貸してくれないでしょう。この場合には、金融公庫を利用するのが1つの方法です。金融公庫でお金をかける場合には、担保等は必要ありませんが、事業計画書の内容が重要になります。